爪の伸びる速さ



 

爪の伸びるスピードは10~15歳が一番早いと言われています。

それ以降は、徐々にスピードが落ちていきます。

一般的に1日に伸びる爪の長さは、手だと約0.1ミリ、足だと約0.05~0.08ミリと言われています。

伸びる速さは、性別や季節、時間帯によっても変わることがわかっています。

 

 

 

手の爪のほうが伸びるのが速い理由

手の爪は足の爪よりも伸びるスピードが約2倍近いです。

爪は、古い細胞を押し上げるようにして付け根?のほうから新しい細胞が生まれていきます。

手は、料理をしたりパソコンを触ったりして刺激を足よりも多く受けます。

このような刺激を受けることによって、血液の循環が良くなり爪の伸びるスピードも速くなるのです。

 

 

女性より男性のほうが伸びるのが速い!?

女性のほうがネイルアートとかで爪を気にする機会が多いですが、女性よりも男性のほうが爪の伸びるスピードは速いそうです。

その理由は、男性は女性よりも体が大きく筋肉量も多いので基礎代謝が高くなり新陳代謝も活発になっているからです。

基礎代謝が高く新陳代謝が活発だと爪の伸びるスピードも速くなります。

 

 

冬より夏のほうが伸びるのが速い!?

夏のような気温の暑い時のほうが爪が伸びるのが速いです。

気温が高くなると血液の循環が非常に良くなり、栄養補給もたくさんするので伸びる速さも速くなります。

ちなみに、日本よりも暑い国の人のほうが日本人よりも速く爪が伸びます。

 

 

夜よりも昼のほうが伸びるのが速い!?

夜は爪を作る細胞がちょっとお休み状態です。

逆に昼は爪を作る細胞が元気に働いているので爪の伸びるスピードも当然速くなります。

 

 

爪を速く伸ばすには!!

爪を速く伸ばすにはいくつかの方法があります。

 

 

お風呂で体を温めよう。

お風呂に入った際に湯船に浸かり十分に体を温めましょう。

湯船に入れば、体の体温が上がり新陳代謝が良くなる為、爪も伸びやすくなります。

ついでにマッサージもしてしまいましょう。

爪の根元部分には『爪母(そうぼ)』と呼ばれる爪を作る場所があります。

そこをぎゅっと10秒ほど押します。

これを、1日3セット程度。

 

 

美爪を目指そう!!

ネイルなどで注目されがちな爪ですが、どうせ綺麗にするなら爪自体綺麗にして美爪を目指しましょう。

 

 

食生活を見直そう!

爪は骨と同じくカルシウムからできていると間違えられることが多いですが、

爪は一部の皮膚が角質化した物なのでカルシウムではありません。

爪の主な成分はケラチンというタンパク質です。

タンパク質を摂取して美爪に一歩近づきましょう。

 

しかし、タンパク質にも動物性と植物性の2つがあります。

どちらか片方というよりはどちらとも同じくらい偏らないように摂取していただくことが理想です。

また、食生活が偏っていると、体の端のほうにある爪に十分に栄養を送ることが難しくなります。

あとは、ビタミンです。

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、鉄が爪に良いとされているビタミン達です。

ビタミンは爪だけではなく、美肌にもいいとされているので積極的にとっていきたいですね。

 

 

キューティクルオイル、ハンドクリームを塗ろう

キューティクルオイルは、爪を健康的に伸ばすために必要な栄養分を含んでいるネイル専用の美容液のようなものです。

爪の根元に塗ってあげると健康的な爪の成長を助けてくれる役割を持っています。

キューティクルオイルは、ドラッグストアやショッピングセンターでも見かけることも多く、値段も高くないので比較的手に入りやすいです。

爪は、皮膚からできたものなので乾燥に非常に弱いです。

 

爪が乾燥してしまうと、爪が割れたりする原因になってしまうのでハンドクリームでしっかりと保湿しましょう。

手に塗るついでに爪にも塗ってあげてください。

 

 

水をたくさん飲もう!!

体の水分が少なくなってしまうと爪も乾燥をしてしまいます。

上にも書いた通り乾燥すると爪は割れたりしてしまい、ボロボロの爪になってしまいます。

なので、水分補給をしっかりとし乾燥させないようにしましょう。

 

毎日1.5~2リットルほどのミネラルウォーターを飲むのが理想です。

カフェインを含んでいる飲料は控えてください。

緑茶やコーヒーなどのカフェインを含んでいるものは、カフェインが水分を体の外に排出してしまうので注意してください。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る