iOS10にアップデート後に音が出なくなった時の対処法



今やスマホユーザーの半分以上がiphoneを使っています。

2007年に初のスマートフォンとして初代iphoneが発売されてもうすぐ10年。

 

搭載されているiOSは2016年9月に10がリリースされ、最近では多くの方がアップデートしているかと思います。

 

iOSのアップデートは、小数点が変わる程度は小さなアップデートで、1の位が変われば大きなアップデートになるのはユーザーであれば周知のとおりですが、この2016年9月のアップデートはかなり大きな変化がありました。

アイフォンのメッセージアプリケーションは、手書きのメッセージが送れるようになったり、とにかくアプリはすごい発展をしているし、使い方においてもセキュリティにおいてもかなりの変化が生まれました。

 

といっても既存のユーザーが困難になるほどの変化はないので、セキュリティ面を考えてもアップデートはしておいた方がいいです。

 

しかし!

 

 

このiOS10にアップデートして音が出なくなった・・・

 

という情報が交錯。。

 

 

それでは、その超簡単な対処法を説明したいと思います。

iphonehikaku2016918_tp_v

 

これで解決?意外な方法

本当にこれで直るのか!?という方法で直ったという情報が多数上がっています。

是非、お試しあれ。

1.ホーム画面でギアの画像で示されているアイコンを見つけてタップします。
(設定のアイコン)

 

2.一番上の「一般」をタップします。

 

3.真ん中あたりにある「言語環境」をタップします。

 

4.一番上の「言語」をタップします。

 

5.現在は「日本語」になっていると思うので「English」に変更し、右上の完了をタップ。

 

6.すこし時間が経ったら、全て英語になっちゃいます。
iphone7hello_tp_v

 

7.今度は日本語に戻す作業です。
「設定」にあたるアイコン、「settings」をタップします。

 

8.以下、手順2~5と同様に、今度は「日本語」にして右上の「done」をタップ。

 

9.また少し時間が経ってから今度は日本語に戻っています。

これで音が出るようになっているか確認してみてください。

幸せになれましたか?

 

実はこれ、iOS10だけでなくて、分かっているだけでもiOS6くらいからよくあるバグのようです。

知る人ぞ知る有名な修正方法なのですが、アップデートの度にこのトラブルはあるそうですよ。

 

音が出なくなるのは気付くのが遅れるかもしれません。

・左側のマナーモードスイッチボタンの確認。

・音量の確認。

・その他、音量設定などの確認

これらを行っても音が出なかった場合、つまり、何をしても音が出なかった場合は、今回のこの対処法でどうにかなる可能性があるので、是非トライしてみてくださいね。

皆さんは、ゲームアプリや着信、LINEの操作時、電源ボタンの音、などなどいろんなシーンで音が出なくなってしまっていることに気付くようです。

アップデート後に音が出なくなったことに気付かず、目覚ましアプリが機能せずに「壊れた」と思う方も結構いると思うので、本当に注意しなきゃ。。

 

ただ、設定の変更などは自己責任でお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る