ジャン・ダーイー(中国のカリスマ)の可愛い素顔【画像あり】



ジャン・ダーイーさんという中国人をご存知ですか?

中国では今、とても人気の女性で、SNSを中心に注目されている可愛い女の子。

 

一見どこにでもいそうなスタイルの良い美女ですが、29歳の彼女はネットセレブと言われています。

そんなジャン・ダーイー(張大奕)について今日はまとめてみました。

 

ジャン・ダーイーさんとは?

*出典:联商网

 

1988年、中国生まれ。

 

日本のファッションに興味を持ち、日本でも韓国のファッションが流行り始めると韓国のファッションに興味を持ちます。

2009年頃からファッションモデルとしてデビュー。当時、ジャンは若干21歳。その頃は普通のモデルさんで、あまり知られるような存在ではありませんでした。

 

 

そして、中国のSNSを中心に爆発的な人気を博して、現在はネット生中継で最も稼ぐ「網紅」と言われています。

 

ジャン・ダーイーはネット中継の新作アイテムを2時間で2000万元(日本円で3億円以上)を売り上げたこともあるほど。
日本で言えばジャパネットたかた以上じゃないでしょうか(笑)

 

さらに、アメリカの雑誌である「フォーブス」が「世界で最も稼いだ女優」ランキングで2016年に世界で5位になったと発表。
この瞬間、ジャン・ダーイーの名前は中国から世界的に。

 

ちなみに、このときの年収は1700万ドルと書かれていましたが、実際は倍以上あったと言われています。

 

 

 

 

ジャン・ダーイー(張大奕)の中国での活躍

 

*出典:Fairchild Fashion Media

世界最強のインフルエンサ―(影響を与える人)と言われているジャン・ダーイー。

 

フォーブスの発表では20億円弱との年収でしたが、実際は50億円以上稼いでいると言われています。

 

2014年に中国のオンラインショップ・オークションサービスである「タオバオ」にThe Wardrobe I Like(ザ・ワードローブ アイ ライク)というショップを出したところ、爆発的に売り上げています。

 

もともと、ネット中継で商品のアイテムを売り込むことに長けていたジャンダーイーにとって、自身の手掛けたショップのアイテムを売ることなんて容易いこと。

タオバオセールデーというタオバオ内でのイベントにおいて、1億人民元(日本円で16億円以上)をどのショップよりも早く達成したことを考えても、彼女が如何に中国国内で成功しているかわかると思います。

 

500万人のファンを抱えるジャンなので、黙っててもそれなりに売り上げたでしょうが、29歳にして年収50億って、日本では考えられないですね。

 

 

今後は活躍の舞台を中国からアジア、世界に広げたいと考えているそうで、インスタグラムやFacebookなども開設し、どんどん活動を広げています。

 

 

ジャンダーイーのInstagram

 

ジャン・ダーイーのFacebook

 

 

 

ジャン・ダーイーの素顔に迫る!画像集

 

ただ可愛いだけじゃなくて、笑顔がいいし、SNSでのファンとのやり取りを有名になっても続けているのがジャンの魅力。

 

2時間で3億円を売るビジネスマンでありながら、スタイルもものすごくいいし、かおもとても小さいです。なんかもう、全てを兼ね備えた女性ではないでしょうか。

 

そんな彼女の素顔を目の保養にどうぞ。

 

*出典:每日頭條

 

 

*出典:微信文庫

 

 

*出典:壹讀

 

 

*出典:壹讀

 

 

*出典:娛樂星光雲- 東森新聞雲

 

A post shared by 張大奕 (@jupe_vendue) on

 

A post shared by 張大奕 (@jupe_vendue) on

 

A post shared by 張大奕 (@jupe_vendue) on

 

 

とにかく29歳には全然見えないですね。

 

今後も中国国内から、日本や韓国に進出してくると思われます。

ジャン・ダーイーという名前が日本でも知られる日は近いかも。

 

Facebookは中国語で展開されているのでわかりづらいのですが、写真だけでも可愛いから見る価値ありですよ^^

 

いいね!の数も10万をはるかに超えています!

https://www.facebook.com/zhangyieve/

 

たぶん、SNSを活用したオンラインショップビジネスで世界で最も成功している人だと思われます

 

今後のビジネス展開は、SNSのフォロワーをとにかく増やすことに注力するそうです。

確実に中国だけでなくアジアで一番の若手ビジネスウーマンになるでしょうね。

 

今後もジャンダーイーの情報が入り次第更新予定です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る